2018.10.01

この目の凄み、ヤバすぎる…!娘の窮地に、ドウェインパパ超本気モードへ突入!緊張感MAXの本編抜粋映像到着!!

この度、娘の命が危険に晒されたドウェインパパに本気のギアが入る瞬間を捉えた本編抜粋映像が到着致しました!

香港の全長1000メートル超えの高層ビル“ザ・パール”が突如テロリストの襲撃により炎上。閉じ込められた家族を救うため、単身ビルへと乗り込むことに成功したパパのウィル(ドウェイン・ジョンソン)ですが、娘と再会したのも束の間、テロリスト集団に追い詰められ大ピンチに。ウィルは危機管理のコンサルタントとして“ザ・パール”の保安査定を任されていることからも、テロリストの陰謀へ協力することを迫られます。穏便な解決を目指したウィルですが、「娘を屋上から突き落とすぞ」と愛する娘の命を人質に脅された瞬間、表情が一変し、怒りの闘志に震えるほどの超本気モードへ突入!

sub1

果たして、ウィルは「強い動機があれば何でも可能だ」というテロリストの言葉を証明するかのように、”愛する家族を救う”という何よりも強い動機でどんな無理難題も打破して無事に娘を救い出し、燃え盛る摩天楼=スカイスクレイパーを脱出することはできるのか!?

企画段階で、“大火事になった高層ビルから家族を救い出す”というストーリーをローソン監督からプレゼンされたドウェインが「『ダイ・ハード』と『タワーリング・インフェルノ』の融合だと感じたよ」と告白するほどに、高層ビルを舞台にした往年のハリウッドアクション大作へのリスペクトに溢れた本作。

ドウェインは、そのアクションに加え「世界中の観客が一番惹きつけられるのは家族の絆だ。家族というものは人種や文化、階級、宗教を問わず、誰もが我が身のこととして感じる。家族が引き裂かれるときや、子供たちを何としてでも守ろうとする両親の感情は、理屈抜きに伝わるものだ。そうした面が本作では常に特別な土台となっていて、それを映画で追求することで、さらに観客が共感できるようにしている」と本作の魅力について語っており、愛する家族が窮地に追い詰められた絶体絶命の状況で、ドウェイン史上最強のとてつもない力が目覚める瞬間をスクリーンでぜひ目撃してください!!

『スカイスクレイパー』全国の劇場にて大ヒット上映中!